【お寿司】妊娠中だってお寿司食べたい!食べられるネタを紹介【刺身】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

4月も半ばに入りましたね。四月は新年度なので保育園の役員会や地域の行事などイベントがたくさんありますね。
懇親会も多く、懇親会でよくてるのが定番のオードブルやお菓子など。
また刺身やお寿司も多く、食べれないって分かっていても食べたくて仕方ないですよね。
今更聞けない妊婦が刺身禁止の理由や食べても大丈夫な刺身、寿司ネタを紹介します。
家族でお寿司屋さんへ行って食べれないの辛いですよね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠中に刺身がNGな理由

そもそもどうして妊娠中に刺身や生魚、生物(火を通していないもの)を食べたらダメなんでしょう。
調べてみると、いろいろな意見が出ますが私なりに解釈して書いていきます。

まずNGではなく要注意して食べなくてはいけないことだそうです。
理由は大きく2つ!

1つ目は食中毒を発症する恐れがあるから。

刺身や寿司といった生の魚介類には、食中毒を引き起こす腸炎ビブリオ、リステリア、ノロウイルスといった細菌が生息していることがあります。
妊娠中は特に免疫力が低下しているので今まで食べても問題がなかった食材でも、食中毒にかかってつぃまう恐れが。
実際に「1人目妊娠中に大丈夫だったから」と2人目を妊娠中の友人は
刺身を食べて食中毒にかかり、病院へ駆け込んでいました。
妊娠中に飲める薬も限られますし、嘔吐や下痢など症状がひどいと、胎児の発育に影響が出てしまう可能性もあります。

2つ目は魚が水銀を含んでいる可能性があるから

自然界に存在する「メチル水銀」という有害物質が多く含まれているのがマグロや金目鯛。
大人であれば、水銀が体に取り込まれても、徐々に体外に排出していくので問題ありませんが、妊娠中は胎盤を通じて胎児に水銀が運ばれてしまい、発育に悪い影響を及ぼす危険性があります。
食べる際は、厚生労働省が注意喚起している1週間の摂取上限量を守って食べましょう。

【魚の種類別の摂取上限量の例】

● クロマグロ(本マグロ)…1週間に約80gまで
● メバチマグロ…1週間に約80gまで
● ミナミマグロ(インドマグロ)…1週間に約160gまで
● 金目鯛…1週間に約80gまで
ただし、全ての魚に多量のメチル水銀が含まれるわけではありません。
サケ、アジ、サバ、イワシ、サンマ、タイ、ブリ、カツオといった魚は含有量が少ないので、食べる量をそれほど気にする必要はないです。

妊娠中だって寿司が食べたい

以上のことからできるだけ生魚を控えるよう言われています。
しかしぶっちゃけお寿司が食べたい。食べれないと分かっていてからさらに食べたくなりますよね。
そこで妊娠中に食べれるネタを考えてみました。
エビ
ボイルしたエビです。火が通ってて安心して食べられます。
私も妊娠する前はなかなかエビを食べていなかったのですが、プリプリで美味しいですよ。
アナゴ
焼いているので安心です。甘辛タレがおいしいですよね
タコ
こちらも茹でてあるので大丈夫!
タコは妊婦さんに必要なDHA・EPAやアスタキサンチンさらに疲労回復のタウリンなどありがたい栄養素がたっぷり!
カニ
カニカマが多いですが、本物のカニもボイルしてあれば大丈夫です!
本物のカニお寿司ってなかなかないですよね。美味しいからって食べすぎには注意
いなり寿司
もう、生魚じゃありませんけど、お寿司屋さんのいなり寿司は美味しいのでぜひ
玉子
こちらも生魚ではありませんので安心して食べられますね!
サラダ軍艦など
コーンの軍艦やサラダの軍艦などお店独自の軍艦巻きも美味しいです!生物もないので安心して食べれます
その創作寿司他
今や、天ぷらのお寿司やカルビのお寿司など様々なものがあるので楽しめると思います♪
※ちなみにボイルしている貝はこれとは別にノロウイルスの危険性があるのでお勧めしません。

産後のお寿司は格別に美味しい

10ヶ月という長い間、控えなきゃいけない生ものですが・・・
頑張って我慢した分、産後に食べるお寿司は格別に美味しいものです。
奥さんが食べれないからとお寿司を控える旦那さんも多く、出産祝いはお寿司屋へ行ったという家族も!
長期戦ですが一緒に乗り越えられるって素敵ですね!

まとめ

妊娠に食べれるものは
・ボイルなど火を通したもの
・貝類は火が通っていてもノロウイルスに注意する
妊娠中に生物を食べている人は結構います。元M-娘のKさんだって妊娠中にお寿司屋さんへ行き堂々とブログで食べた自慢をしていました。
しかし、何かあってからだと取り返しのつかないのです。辛いですが一緒に乗り越えていきましょう。
産後のお寿司美味しいですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク