【妊娠2ヶ月】もしかして妊娠??どんな症状があった??病院はいくらかかった??

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

なんと、先日第2子を妊娠しました。
今日はどんな症状で妊娠かな??と思ったのかや、
どんな検査薬を使ったのか、病院でいくらかかったか金額までご紹介☆
さいごには妊娠中に役立つアプリも紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠検査薬を使おうと思うまで


1つ目は生理が来なかったからです。
でも、子供が卒乳をしていなかったことが原因で生理不順はただただありました。
生理予定を予測してくれるアプリ【ルナルナ】や【コウノトリ】が提示していた生理予定日から1週間以上遅れることもしばしば。
今回は2週間も生理が来ないのでもしかして・・・??と妊娠を考えるようになりました。
検査薬を買うことを躊躇しているとき体にも変化があったんです。
それが、お腹(子宮)の痛みです。生理痛とは似ているようで違う痛みでした。
表現するとしたら【子宮を引っ張られる痛み】です。
軽い生理痛くらいの強さで、夜中にもその腹痛が!痛くて起きてしまいました。
ふとした瞬間に痛みが来るので当初は生理痛の予兆かな?と勘違いしまうほど!
痛みは2日ほど続きました。
さらに、おりものの量が多いです。ショーツにいつもより多くおりものが出ていました。
妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されるのでおりものが多いんですね。

検査薬はこれ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】P-チェック・S 2回用(1セット)
価格:463円(税込、送料別) (2017/2/10時点)

私が使用した検査薬は【Pチェック】決め手はパッケージの可愛さと安さでした。
使い方としては
棒状の検査薬の先 に、おしっこをかける。または、おしっこをコップにとって棒の先につける。検査の棒を平ら なところにおいて数分で検査終了ととても簡単です。
陽性【赤ちゃんが出来た】場合は判定のところにくっきりとラインが出てきます
陰性【できなかった】では終了のラインだけしか出てきません。
初心者でもわかりやすい検査薬でおススメです。

病院へ


検査薬で陽性がでたので近くにある総合病院へ行きました。
病院で聞かれたことは「最終月経」と体調でした
最終月経とは生理が始まった日です。例えば「先月10日に始まり16日で終わった」なら最終月経は【○月10日】です。
そこから赤ちゃんの出産予定日が決まります。
私の場合はまだ【7週目】という妊娠して間もない状態だったので先生から確実な予定日を教えてもらうことはできませんでした。
また母子手帳交付に必要な妊娠届出書も、もらえなかったんです。
妊娠9週目にエコーで見た赤ちゃんの身長と最終月経で確実な予定日が決まってから妊娠届出書をもらえるそうです。
ちなみに診察料は3,350円でした。
妊娠届出書を役場へ提出すると母子手帳が交付され、住んでいる市町村で妊婦検診の費用を負担してくれる【妊婦健康診査受診票】が貰えます。
先ほども書きましたがまだ7週目ということで母子手帳交付されませんし、あと2回病院へ検診に行かなくてはいけないので一時は自費で検診か・・・・と考えると残念です。
赤ちゃんの命の大きさと考えたら安いものですけどね!

余談ですが自費で思い出したのがもう一つ。
妊婦健康診査受診票(以下補助券と略します)についてですが、私は一人目の時に10日間出産予定日から超過していました。補助券は出産予定日前の診察で終了。
予定日が過ぎたということもあり2日に1回は病院へ検診に行っていましたが診察料は自費でした。生まれるまで補助してくれないの?と疑問になりますよね。
補助券が終了した後は3回診察したので計1万円ほど・・・
他の病院では1回の診察で7千円かかったとも聞きますし、初産の方は結構超過するので制度を見直してほしいですよね。

妊娠したらお勧めしたいアプリ

さて話はそれましたが、妊娠したらお勧めしたいアプリがあるんです。
それが【トツキトウカ
可愛い絵柄で赤ちゃんが今どんな成長しているのか教えてくれます。
アプリと分かっていながら思わず愛着が持てますよ☆

まとめ

ここまで実体験を書いていきましたが少しでも役に立つと嬉しいです。
これから「刺身やなまものが食べられない」「体重制限」となどたくさん悩みがでますが一緒に乗り越えましょう!
10ヶ月なんてあっという間ですよ☆でもあまり考えすぎずストレスにならないように素敵なマタニティーライフを送ってくださいね!
私も赤ちゃんのために葉酸サプリをまた飲み始めようと思います!

これ、飲みやすくてイイですよ☆
葉酸を不足してしまうと赤ちゃんに様々な影響があるので絶対取ってくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク