【妊婦喫煙】SNSが身近になりすぎたせい?浮き彫りになる妊婦喫煙や未成年喫煙【タバコの危険性】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

先日Twitterを見ていたらこのようなTwitterが…


この後どうなったのかは分かりませんがびっくりした内容でしたし、こちらは第三者の目撃ツイートでしたが、
Twitterを見ていると妊婦喫煙や未成年喫煙、そしてさらに未成年妊婦喫煙をしている人もいますし
それを自らInstagramやTwitterに自撮りをアップロードしている人が…
もうびっくりです。
なんで妊娠中に喫煙がダメなのか沢山記事がありますが改めて一緒に考えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タバコの危険

まずはタバコの危険から。タバコの煙には4,000種類の化学物質が含まれて、その中には、何と200種類以上の有害物質が含まれ、発がん性物質は50種類以上にのぼる。
タバコに含まれる成分を分かりやすいものに例えるとするなら

💀アセトン →ペンキ除去剤
💀ブタン  →ライター用燃料
💀ヒ素   →あり殺虫剤
💀カドミウム→カーバッテリー
💀一酸化炭素→排気ガス
💀トルエン →工業溶剤

これだけでも考えただけでゾッとしてしまいます。
またよく耳にするニコチンには強い依存性が!!!ヘロインやコカインと同じくらいやめるのが難しいのです。
やめたくてもやめられない喫煙習慣のことを「ニコチン依存症」といい、治療が必要な病気とされています。

今話題の電子タバコにも??

近年電子タバコもブームになっていますが先日このような記事が

加熱式タバコからも、発がん性が疑われる毒性の強いアセトアルデヒド(Acetaldehyde)や明らかに発がん性のあるホルムアルデヒド(Formaldehyde)などの有害物質が出ていることがわかっている。これはタバコ会社自身が行った実験でも同じ結果が出ており、受動喫煙の害を生じさせる環境汚染(呼気の副流煙やタバコ煙)についても有害物質が出ている

なので加熱タバコも危険性が高いです。

妊婦喫煙の危険

ここで本題の妊婦喫煙です。妊娠中の喫煙は早産のほか、出血、破水の異常 (前期破水など)、前置胎盤、常位胎盤早期剥離、周産期死亡など いろいろな妊娠・出産の異常や新生児異常が起こりやすくなり、早産は未熟児出産につながります。
これらの異常は、いずれも たばこを吸う量と深い関係が。
夫が喫煙者である場合も、そうでない場合に比べ妻の異常妊娠の割合が高いという調査がでました。
さらに新生児の尿からもニコチン、コチニンが検出されるんです。受動喫煙妊婦5人のうち、夫が妻を乗せた車の中で2,3本喫煙するのみの新生児の尿からは、ニコチン・コチニンは検出されませんでしたが、父が1日5本以上喫煙する4人の新生児の尿からは、微量のニコチンが検出されました。
低体重で生まれたり、周産期死亡、先天異常を起こします。

私が伝えたいこと

ここからは私の意見なのですが今まで妊婦喫煙し出産した人を何度か見ました。
あるお子さんは脳の発達が検診で引っかかり療育手帳を発行したり、またあるお子さん(生後半年)は明らかに体の形がおかしく通常のお座りができない。そしてお腹の中で亡くなった赤ちゃんや、36週にもかかわらず1600gで生まれた赤ちゃんもいます。
先日未成年で妊婦喫煙をしている人をSNSで見かけていたので「タバコは赤ちゃんの為にやめたほうがいい」とコメントをしました。
すると『私がストレスになるからストレスがかかる赤ちゃんがかわいそう』と言われたのです。
腹立たしいです。私は赤ちゃんの為にやめてほしいといいました。彼女は自分が なのです。
赤ちゃんは生まれてからも100年は生きる時代と言われています。たった妊娠中10ヶ月を我慢するだけなんです。
その自分がの甘えのせいで赤ちゃんの100年を壊そうとしていることに怒りが収まりません。
私にとって母親はどうでもいいですし、お腹の赤ちゃんを心配しているのです。
もし、身近に妊婦喫煙している人がいたら止めてください。

母親ではなく赤ちゃんの為にです。

SNSが普及し妊婦喫煙が浮き彫りになっております。赤ちゃんがお腹のなかで苦しい思いをしていると考えたらとても悲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク