【要注意】インターネットに子供の顔を出す危険性を知ってもらいたい

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

近年、SNSでお子さんの顔や名前をプロフィールや写真にあげる方が多くなっています。お友達に見せたいから、楽しかった思い出を残したいから、「いいね」を貰いたいから…ちょっと待って!
インターネットにお子さんの写真を載せる危険性をご存知ですか??今日はその危険性を教えていきます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSはここが怖い


・友達以外でも見れる
SNSは検索機能があるので簡単にお友達以外の人でも目に付く可能性があります。さらに危険なのがハッシュタグです。

ハッシュタグ(#)とは発言内に「#○○」と入れて投稿すると、その記号つきの発言が検索画面などで一覧できるようになり、同じイベントの参加者や、同じ経験、同じ興味を持つ人のさまざまな意見が閲覧しやすくなる。

なので例えば『イベントで見かけた女の子が可愛かった。ハッシュタグで検索したら出で来るかも』と検索をかけて、女の子を見つけ出す人もいるんです…。怖いですね。
写真は友達だけが見ると思ったら大間違い!!
インターネットは世界に向けて発信する媒体ということを頭に入れましょう。

・○○くんママも実は危険
次によく見かけるのが「○○くんママ」「○○くんパパ」とお子さんの名前をアカウント名に使うことです。
危険じゃないように見えて実は危険なんです。万が一苗字もネットに載せてしまったらそこからFacebookを検索され、Facebookには住んでいる所を載せている人が多いので、そこから大体の住所が分かってしまいます。
起こってはいけない事例ですが、分かった住所の役場に怖い人が友人のふり、または親戚や本人のふりをして電話をして個人情報を吸い取る場合も。

写真から位置情報が分かる
自宅で撮った写真にも位置情報が付いている可能性があるんです。カメラアプリやSNSアプリには【GPS機能】が付いており、それがオンになっていると位置情報が分かってしまいます。
微笑ましい我が子の写真を撮ってSNSにあげたらそこから住所がばれたって事例がよくあります。
iPhoneからは設定→プライバシー→位置情報サービス→カメラ 
でGPS機能がオンになっているか確認ができるので確認してください。

・友達経由で身元がばれる
自分はSNSに住所や名前を出してないから大丈夫!と思ったら友達経由でバレてしまう場合も。
友人が「○○くんママと遊んだ」などと写真を上げてプロフィールにはお友達が丁寧に住んでいる所を書いていたら、そこから大体の住所がバレてしまいます。
友達経由でネットに個人情報が流れたという事例は少なくなく、現在増え続けています。

子供の写真を上げる危険性


そもそもどうして子供の名前や写真を上げたらいけないんでしょう。可愛いからいいじゃん!と思ったら大間違い。上記しましたがインターネットは世界中、どこで、誰が見ているのか分からないんです。
自分が上げた子供の写真を使って知らないうちに商品広告、趣味や性処理などに使われたりなどいくらでもあります。
事例として2014年3月に起きた埼玉県富士見市で自称保育士の人物が預かっていた子供を虐待していたとされる事件「富士見市ベビーシッター事件」
容疑者のパソコンから240枚以上の子供の裸の写真が見つかったそうです。これはインターネットで拾ったわけではなく容疑者が預かった子供を裸にして写真を撮っていましたがそういう人間がいることを知ってほしいです。
この時期は海や山など露出が多い写真をSNSにあげてしまう傾向があるので保存して趣味に使う怖い人が多いと思います。

子供の犯罪を防止するためには

・SNSを利用してもいいが鍵(非公開)を付けたりする
プライバシー防止のため友達だけ見れるように非公開アカウントにする。
・アカウントを2つ用意する
1つは友達と楽しむためのアカウント、もう1つは有名人へリプライを送る用などと2つを使い分ける
そうすることで少しでも子供に危険が及ぶ可能性が低くなります
・友達に名前や写真を上げないようお願いする
友達経由で身元がバレないように友達に名前を上げないようお願いしましょう

まとめ


子供を守れるのは私達【親】であり大人がしなくてはならないことです。今の時代、小学校でも名札を外して下校しなくてはならないくらい危険で、インターネットに名前を載せた事が原因で誘拐事件にもつながる可能性があります。
余談ですが、もう一つ親御さんに気を付けてほしいのが「プレゼント」で住所を聞いてくる方法。
SNSやYouTubeでプレゼント企画をしているのを最近よく見かけます。タダでもらえるからラッキーと思ってお子さんが住所を書いてしまいます。とても危険です。安易に住所をネットに書かせないよう注意してください。
SNSは身近になりました。楽しい分、危険を伴うので少しでも子供に危険が及ばない行動をしましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク