【シミ】ウーロン茶や紅茶ってシミになるんだ…これを使ったら落ちた!!色物にも使える漂白剤を紹介します。【シャボン玉石鹸】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

2日間の出張を終えて帰ってきた主人。
2日分の衣類を洗濯し、干しているとピンクのワイシャツに広範囲のシミが!!!!!
本人に聞くと「ウーロン茶をこぼした」
どう見てもこぼしたレベルじゃない!頭から被った?ってくらいのすごい広範囲のシミが付いていました。
普通に洗濯して落ちなかったのでワイドハイターとナノックスを入れて30分つけ置きした後洗いましたが、これでも取れない。
お気に入りワイシャツなので着れなくなるのは嫌だ!クリーニング店へ持っていきましたが、個人店舗もチェーン店も断られました。
理由は「色物だから保証できません。
切望的していたところふと思い出したのがこのツイート。


まったく関係ないのですが、私の中で『シャボン玉石鹸はすごい』というイメージがあったので、
ディスカウントストアでシャボン玉石鹸の【酸素系漂白剤】を購入して使ってみると…
あんだけウーロン茶シミまみれだったワイシャツが綺麗になっていたんです!
しかも色落ちせずに!!!
前置きが長くなりましたが、とてもよかったので紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お茶のシミの原因


そもそもお茶ってシミになるの??と思いませんか?
お茶は水に溶けやすい「水溶性」の汚れの一種です。
なので、紅茶や緑茶のシミは、水洗いと台所用洗剤の組み合わせだけで取り除ける場合がほとんどなのです。
しかし、だからと言って、シミをそのまま放置していてはダメ。
紅茶や緑茶に代表される水溶性のシミは、時間が経つと酸化して「漂白のシミ」に変化しやすいのです。
そうなってしまうと、水洗いだけでは落とすのが難しく、漂白処理をする必要になります。
なるほど!だから今回ウーロン茶をこぼした後、そのまま3日放置しちゃったので頑固なシミになってしまったんですね…

お茶シミもこれで解決!酸素系漂白剤

さて、そんなシミを色落ち無しで綺麗にしてくれたシャボン玉石鹸の酸素系漂白剤♪

酸素系なのでツーンとした嫌な臭いがせず、色柄もののお洗濯にもご使用いただけます。
洗濯やシミ抜きだけでなく、食器や台所用品の除菌・除臭や、ベビー用品の漂白・消臭・除菌、塩素系漂白剤が使用できないステンレス水筒の茶渋・コーヒー渋の漂白にもご使用いただけます。

今回は裏の説明通りに2リットルのお湯(50℃)に大さじ2杯漂白剤を入れて溶かし、ワイシャツを入れて30分つけ置きしました。
あとは洗濯機ですすぎと脱水!それだけできれいに!
簡単ですし、これ赤ちゃんにも安心して使えるんです!それくらい安全なので2人目の肌着をお水通しするときは使いたいと思います!!
また、洗濯以外でもキッチンの排水溝やまな板、こびり付いたお茶の茶渋も取れるなんてすごいですよね!
枕の匂いも取れそうなので、後日やってみたいと思います!

まとめ


私も今回でお茶がシミになることを初めて知りました。
お気に入りのピンクのワイシャツが綺麗になり、また着れるようになって嬉しいです。
しかも洗濯や掃除など1回少量でいいのでコストパフォーマンスもいい!これからこの酸素系漂白剤を常備したいと思います!
枕の臭いが取れるかどうか挑戦したら後日書きますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク