【卒乳?断乳?】2歳以降の授乳っておかしいですか??【卒乳までの道のり】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

我が家の息子はもうすぐ2歳なのに、まだまだおっぱい星人です。その事をママ友に話すとビックリされます。
私自身何度も断乳を心がけましたが挫折して、息子が要らないというまで自然卒乳させようかなと考えています。
みなさんは、いつ頃卒乳しましたか??そしてこれから卒乳、断乳を考えているママもぜひ読んでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

卒乳の世界と日本の違い

♡卒乳の平均は??

・約60%以上が生後11ヶ月目〜1才2ヶ月の時期内に卒乳
・約30%が1才3ヶ月〜1才11ヶ月。
・10%が2才〜4才頃まで授乳
と日本での卒乳は1歳前後が大半で本当はやめたくないけど周囲のプレッシャーに負けて卒乳を決意したとか。
元々日本では、「卒乳」イコール自立の始まり、成長の証という考え方があり、いつまでも授乳していると「甘やかしている」と言われて、肩身の狭い思いをしているお母さんも多いんです。
私も周りの人から「まだおっぱい飲んでいるの?」と言われることがあり1歳半の時に断乳を決意したのはおっぱい辞めないといけないという肩身の狭い思いでした(失敗しましたが)

♡世界では?

WHOの卒乳のガイドラインでは「2歳以上で、子供が欲しいと思った時は積極的にあたえるべき」という方針を打ち出しています。
気になる世界の卒乳時期の平均は4.2歳。
ですが、国別にみると
・イギリスの卒乳は6か月
・フランスでは3か月で卒乳し粉ミルクに切り替え
・アメリカは1歳3か月で90%卒乳
先進国は母乳以外の代替手段が多いから卒乳が早いようですね。
先ほどの世界平均4.2歳卒乳時期を考えると、かなり早い国と遅い国の2極化の可能性がありえそう・・・・。

卒乳を決めたきっかけは??

☆育児休暇が終わる1歳前

ママ友の多くは育児休暇が終わる1歳ごろに卒乳しました。
日中の授乳がなくなり、ママと離れて保育園に通ううちに、おっぱいから離れるとか。
また、仕事復帰する前に辞めることで、胸の張りなどおっぱいトラブルを育児休暇中に解決することができます。

☆妊娠が分かった1歳半から2歳ごろ

つわりや、乳房の痛みで授乳が大変になるから辞めることでママの負担軽減に。

妊娠したら授乳を止めなければならないという医学的根拠はありませんが、必ずかかりつけの産婦人科医に授乳中であることを伝え、断乳するべきかを医師に相談することが大切です!
また、妊娠していなくても次のお子さんが欲しい場合は妊活として卒乳する方もいるようです。
そして、妊娠中に卒乳していなくても乳汁分泌が低下したり、味が変わったりすることから子供の方から飲まなくなることもあります。

無理やりバイバイしなくて大丈夫

ここまで、卒乳の時期やきっかけを紹介していきましたが現在の心境を書いていきます。
私は2歳過ぎても3歳過ぎても息子本人が卒乳したいときまで与えようかなと思っています。
上記で書きましたが、1歳半の時に一度断乳を決意したことがありました。周囲が当たり前のように卒乳していたからです。
『3日我慢すれば忘れてくれるよ』と先輩ママから聞いて、泣いても決して与えないよう遊びでごまかしたり、夜は主人に寝かしつけをしてもらい実践しました。
しかし、おっぱいを思い出して大泣きする息子。泣く姿を見て1年半の毎日授乳していたんだ・・・と
生まれた時からのいろいろな感情を思い出した私も大泣きしてしまい断念しました。
生まれて毎日、毎時間といつの間にか日課となっている授乳を手放すときは本当に悲しく辛いことです。
確かにご飯は食べてくれません。でも、ほかの子供より一番おっきく元気いっぱいです。
今は「別に他人に迷惑かけていないから」とプラス思考で息子と一度しかない授乳期を大切にしていきます。
同じ月齢で卒乳しようか悩んでいるママ、授乳は恥ずかしいことじゃない。周りは関係ないから卒乳したくないならしなくていいですよ。

【追記】あっけないく迎えた卒乳と爆発するおっぱい

なんと!2歳迎える前に卒乳しました。「さっき3歳まで与えるって言ってたじゃん!」
はい・・そうです。しかし、約5日前に私の乳頭が息子の歯で傷がついて、触れるたびに乳首が痛くて授乳ところじゃなかったんです。
ここで私も卒乳を決断しました。4日までの格闘をレポートします。

☆1日目

深夜、息子はまるで怪獣のごとく「ぎゃぁあああ、ママぁああ」とおっぱいを求め泣き叫びました。
私もつられて泣きそうになりながらごめんよ・・・と寝かしつけを主人に任せて息子がやっと寝付いた深夜0時に就寝。
午前4時前にまた怪獣化。泣き叫ぶ声が家中響き渡りました。
おっぱいは息子が泣くたびに張って、苦しかったです。バスタオルに圧抜きという方法で母乳を出しました。
やり方は乳頭にあまり刺激を与えず、おっぱいの外側から乳頭にかけて手で促しマッサージすることです。
特に張って痛いところは母乳がたまっているので痛みをこらえながら母乳を出していきました。
ポイントは乳頭刺激を与えないこと。与えると脳が勘違いをして母乳を作り出してしまいます。

☆2日目

寝室に入った途端、おっぱいを求められたので主人に寝かしつけをパスしました。私が寝室を出たとたん怪獣化
正直、1日目よりも大きな声で泣き叫んでいました。
しかし、寝つきは良くて深夜に夜泣きした程度でぐっすり寝ていました。
気になる食事の量ですがまだまだ開花せず食べてくれませんでした。
おっぱいはガッチガチで息をするのもつらい状態。大人用の熱さまシートを二つに切り分けておっぱいに張って漏れる母乳を防ぐためにバスタオルをだっこして寝ました。
私の場合、日中は授乳しておらず夜授乳中心だったので夜に母乳が分泌されていたのかもしれません。
また、湯船の中はおっぱいが柔らかくなるので痛みが和らぎ、圧抜きがしやすかったです。力いっぱい外側から内側にマッサージするとうまく母乳が出ます。
正直泣き叫ぶ息子を見て、ここで挫折しようかなと悩みましたが、この日3年ぶりに飲酒をしたんです。
なので上げるわけにはいけません、ごめんねと謝りつつ主人に泣き叫ぶ息子を慰めてもらい一番の山場を乗り越えました。

☆3日目

この日は、保育園をお休み。以前まで、日中家にいると一日中おっぱいを飲んでいた息子が別人のようにおっぱいを求めなくなりました。
晩御飯は普通に食べた後、2時間してからそうめんが食べたいってリクエストしてきたんです。なので初めて夜食(午後9時前)しました。少し食欲が開花したのかな??
睡眠もぐっすりで怪獣からチワワになった!!ってくらい小さい夜泣きに変わりました。
ここまで来たら卒乳成功かな??
私のおっぱいも張りが減ってきてきました。1日目、2日目「いっぱい在庫あるから吸わせて~!」と悲鳴を上げていたおっぱいが落ち着いています。圧抜きをちょっとだけすれば痛みが治まるくらいになしました。

4日目

え・・?!別人??っていうくらいおっぱいに執着しなくなりました。
夜も、夜泣きなしで午後9時から午前7時までぐっすり。寝起きもニコニコでした。
ご飯も少しずつ開花し、今まで強引に食べていた朝ごはんもしっかり食べて登園。
おっぱいから離れてお兄ちゃんになったねと感動してしまいました。
私の方も張りがさらに落ち着き痛みも減っていきました。
こんな感じで我が家のあっけない卒乳に驚きです。おっぱいから離れるのは寂しいけど、また一つ大きな成長になりました。
一番の鬼門である寝かしつけの授乳。それをやめさせるのは本当に大変で、なんといても主人のおかげです。サポートしてくれた卒乳はパパや周囲の力が必要と実感しました。
また、おっぱいのケアも大切で私の場合、分泌が多くてすぐに乳腺炎を起こしていたので定期的な圧抜きをすることを心がけ乳腺炎を引き起こすことを防ぎました。
2日目と3日目が山場です。寂しいけど我が家はこれがきっかけで卒乳しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク