【妊娠8週目】ダクチル錠を飲んでいたら下痢。飲むのをやめました

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

妊娠6週目に初診をしてその時に出血した後がエコーに映っていました。先生から一週間様子を見たいと言われ、
妊娠7週目に検診。万が一出血した場合が危ないので子宮を収縮することを抑える薬「ダクチル」を処方してもらいました。
飲み始めて4日目あることが起きたんです。今日はそれをレポートしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダクチルとは

【働き】

内臓の平滑筋のけいれんを抑えたり、胃酸の分泌を抑える作用があります。胃炎や下痢、胆管炎、胆石などによる腹痛に用います。
子宮の収縮をやわらげる作用から、切迫流産、早産にも適応します。おなかの張りや腹痛、出血などの前兆症状をおさえます。

【副作用】

・口が渇く
・尿が出辛い
・便秘になる
・目が霞む

私が飲まなくなった理由

2人目を妊娠して初めてダクチルを処方してもらいました。妊娠してからやっぱりお薬って胎児に影響ないかが心配ですよね。
ダクチルは胎児に影響しません。安心して使っていましたが、使い始めてから2日目でとてつもない倦怠感と吐き気が。
ちょうど悪阻の時期だからなのか、ダクチルのせいなのか分かりませんが一日中吐き気で動けませんでした。
また、お薬を飲み始めてから副作用の便秘。4日目に便秘が限界を迎えてとてもお腹が痛かったです。
何度もトイレに駆け込み治りましたが、その日から下痢が止まらなくなりました。
もともとダクチルは便秘になりやすい薬です。後日先生に下痢について聞きましたが「おかしいな~」と言われました。
下痢が怖くなって処方されて6日目で飲むのをやめました。
お薬の注意事項に[目がまぶしくなったり、めまいがすることがありますので、車の運転、機械の操作は注意してください]と書いてありました。
毎日運転しなくてはならないので不便の面もありましたね・・・・

飲むのをやめてから

飲むのを止めて5日経っても軟便が続いてます・・・
なので現在は市販のビオフェルミンを飲んでいます。
先生にもお薬を止めたことを伝えました「ああそうなの」と軽い感じに言われました・・・
そこまで重要なお薬じゃなかったのかな・・・・
私は出血がなかったので飲まなくてOKだったのかと思います。
妊娠9週目の検診では出血跡の大きさは変わらず、先生によると時間が経ったら吸収されるという診断を受けました。
また、ダクチルを止めてから悪阻が落ち着いてきたんです!!偶然なのか薬のせいか不思議ですよね。


意味がないや、飲まない方が良かったなどがありましたが、やはり一度担当の先生に問い合わせして辞めるかどうかを決めた方がいいかもしれませんね。
私の場合は勝手に辞めちゃいましたが赤ちゃんのためには専門の先生に聞くのが一番です。
下痢をしている方を探しましたが、見つかりませんでした。下痢ってレアパターンなのかな。
ちなみに葉酸サプリも一緒に飲んでいましたが何も問題はないと薬剤師に言われました。

まとめ

ダクチルは
・お腹の張りを抑えて切迫流産や子宮の収縮を抑える薬
・副作用で倦怠感などが来るので運転を控え安静にしなくてはならない
・疑問に思ったことは何でも先生に聞く
薬はいろいろあって難しいですよね。私のように下痢になった場合は問い合わせてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク