消費税8%?10%??2019年10月1日から開始される軽減税率制度ってなに??

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

今朝テレビのニュースで知った消費税10%に引き上げるニュース…いよいよ消費税が値上がりか!?と思って聞いていたらなんと8%と10%の2種類あるという話が!!どういうことか一緒に学びましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

軽減税率制度とは?

そもそも軽減税率制度とはなんでしょう…

特定の品目の課税率を他の品目に比べて低く定めることをいいます。日本では消費税率を10パーセントに引き上げる際、低所得者対策として食料品や新聞などが軽減税率(複数税率)の対象品目となり、税率は8パーセントのまま据え置かれることになっています。

なるほど…そもそもすべてを10%にする予定ですが対象項目だけを安くするということですね!

軽減税率対象項目は?

「酒類」「外食」「ケータリング・出張料理等」を除く飲料食品

→スーパーの生鮮食品、加工品等は8%!

定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞

→例えば売店で買った新聞は10%扱いです。じゃあデジタル新聞の場合は…?(現在調べてます(-_-;))

10%対象項目は?

上記した通り外食は10%です。

わかりやすく言うと

☆フードコートで飲食

☆店内飲食

☆ケータリング

☆コンビニのイートインコーナーで飲食

8%の場合

♡テイクアウト(中食)

♡屋台の軽食

♡コンビニの弁当(テイクアウト)

♡出前

コンビニで「お持ち帰りですか??」というやり取りを見るのは不思議ですし、増税が嫌だからと駐車場で食べちゃう人が多くなりそうですね…

また最初は「テイクアウトで!」と言っていたのにもかかわらずこっそりイートインスペースで食べちゃう嘘つきさんも増えそうな気がします(゚Д゚;)
そして何よりも店員さんのレジ作業など手間が増えそう…

この場合は10%?8%?

とあるニュースで見ましたが

【映画館の売店でポップコーンを購入して映画を見ながら食べた】

という場合はなんと8%なんだそうです。

理由は「売店でテイクアウトしたのち映画にポップコーンを持ち込んだ」

だそうです。ん~紛らわしい!!

ちなみに売店のイートインスペースで食べる場合は10%。

さらに

【ホテルのルームサービスを頼んだ】は10%→外食扱い

【ホテルの冷蔵庫にある飲み物を購入】は8%→冷蔵庫は自販機と同じ扱い、テイクアウト扱い

ホテルなら特に海外からの観光客が利用するので混乱するのが見え見えです…

お酒に関して

お酒は基本10%扱いですが8%対象になるのがノンアルコール飲料

ては【みりんや調理用酒】は?→10%なんです!!!!

アルコール度数が1%でもある商品はアルコール扱いだからだそうです…

現在線引きが会議されているもの

・おもちゃ付きお菓子

おもちゃは加工品ではないので消費税10%です。しかしお菓子は加工品なので消費税8%

子供が買うものだから8%にしてくれー!!と思います…

まとめ

とあるコメンテーターが言っていましたが「3・4年後にすべて消費税10%になって軽減税率制度とは何だったんだろうということがありそうですね」

確かにあり得そうです。例えば高速道路一律千円など様々な取り組みがありましたが定着しているのはごくわずか。

2014年4月から8%への引き上げは2・3年たってやっと定着してきた気がしますし8%導入したての頃は混乱が大きかったです。

10%になるまで残り1年どうなるか想像がつきませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク